2004年12月25日

ペイント方法 #3 ベースカラーの塗装

ダウンロードしたテンプレートをunzipしてPaintoshopで開きます。
レイヤーパレットを見てみると非常にたくさんのレイヤーで構成されているのがわかります。そして非表示になっているレイヤー(メガネのマークにバツがついているもの)があることにも気がつくと思います。
各レイヤーを表示・非表示させてみてどのレイヤーがどのパーツなのか把握しておくといいと思います。
シートベルトだけでも何種類も合ったりするので自分が使うレイヤーを決定し、使わないものは非表示にします(デフォルトのままでOKだと思います)。そして、わたしは、ここで非表示のレイヤーは削除してしまいます。

では、まずボディーのベースカラーの塗装をします。レイヤーパレットで[Car Body]を選択してアクティブにします。
カラーパレットで色を決定。スタイルは単色を選択します。
次に、ツールパレットから[塗りつぶし]を選択してボディーのどこでもいいので左ボタンをクリックします。

色が変わりましたか?

レイヤーで構成されているため全体ではなく、ボディーだけが塗られたのがわかると思います。

次回は、ボディのデザインパターンについて


posted by Norini at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ゲーム:ペイント講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。