2004年12月27日

ペイント方法 #4 デザインパターン1

デザインパターンっていうのは、私が勝手にそう呼んでいるだけで簡単にいえば模様のことです。たとえば#24 Dupontのファイヤーパターンとかそういうやつです。

いきなり描くのは難しいので私はたいてい見本を用意します。
鉛筆で書いてスキャナーで読み込んだり、他の車のパターンを基にしたりします。

今回は、以前作成したKitKatのパターンを見本に描いていこうと思います。

まず、[Car Body]レイヤーの上に「見本」「パターン 塗装」「パターン ライン」の3つのラスターレイヤーを作成します。そして見本となる画像を拡大縮小して程よい大きさにして見本レイヤーに貼り付けます。

sample_4_1[パターン ライン]のレイヤーをアクティブにし、見本を元にパターンの外形ラインを描いていきます。

私は、ドローツールのフリーフォームとベジェ曲線を主に使って描いてます。
このとき見本の[見本]レイヤーの不透明度を50%ぐらいにすると見やすくなります。
また、ウインドウやテールランプなどのパーツを一時的に非表示にしたほうがよいかもしれません。

PaintShopサンプルファイルダウンロード
(サンプルファイルは、ファイルサイズの関係上512x512に縮小してあります)


posted by Norini at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ゲーム:ペイント講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。