2005年06月20日

Frexブレーキシャフト曲がり対策

GTRマルチの不具合は、tomooさんのコメントで解決しました。気づけばなんてことはないことなのですが、普通に考えてあそこをいじるなんて気が付かないです。気付いた人アリガト!(´▽`)。
RSCのフォーラムに書かれていたみたい。今度からはたまに目を通しておくことにしよう(リンクも追加しておこう)。
GTRってマイナーな不具合ちょっと多い気がしますが、それを補って余りあるほど走って楽しいので許す(w

で、Frexのブレーキのシャフトの曲がり対策ですが、軸径をφ6→φ8に変更して、それ用のブロックを作ったところであることに気付き考えてみる。

シャフトの中心線A(踏力の発生するベクトル)とブロックを押さえる軸の中心線B
にずれがある為
ブロックに回転する力が加わりシャフトが曲がるのでないかと推測(下図参照)。

shaft_cad

まず、この対策から講じなければならないと思い、軸径を太くする方は一時中断。
中心線をあわせるためのブロックの設計に取り掛かることにします。

shaft_kyouka
恐らく日の目を見ることは無いであろう強化版。
上がノーマルシャフト、下が軸径を太くしたシャフトとそれ対応のブロック(シャフトは長さ未調整)


posted by Norini at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ■コクピット:FREX Mod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。