2005年11月06日

しびれる

録画しておいたフジテレビ721の「F1 LEGENDS 1981 第6戦モナコ」を見た。
ジル・ビルヌーブ カッコよすぎ。鬼っていうか神のような走りでトップのアラン・ジョーンズに迫りホームストレートでぶち抜き。いたるところでマシーンが跳ねまくっているのを見ると、ビルヌーブのフェラーリは足がガチガチと思われるが、マシーンを腕でねじ伏せガードレールギリギリをかっ飛んでる。オイラはゲームでもこんな走りは出来ないです orz
ビルヌーブが走っている映像をはじめて見たが、みんなが伝説のドライバーと言う意味が実感できた。

この頃は、ドライバーへの依存度が高く、すごく見ごたえがあります。
いまから次戦の放送が楽しみです。もちろんシリーズ前部DVDへの保存決定です。


posted by Norini at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。