2005年12月25日

マリカーDS Wi-Fi対戦

いやーおもろいですね。家庭用ゲーム機もここまで来たかって感じです。小腹がすいたときにサクっと食べるオヤツ感覚で手軽に対戦が出来ます。
最初、Wi-Fiがうまく接続できず、30分ぐらい格闘しましたが、原因はアクセスポイント側の無線設定を11gのみに設定していたためで、11g,11bの混在モードにしたらうまく接続できました(AOSSで簡単に済ませました)。うまくいかない方はここらへんも確認してみてください。ちなみに、うちのアクセスポイントはBUFFALOのWLA-G54です(Nintendoの動作確認リストには載ってなかったので一応)。

そんで対戦は、「おともだち」「こくないのだれか」「せかいのだれでも」「ライバル」が選択できます。
「おともだち」ってのは、プレイヤー固有の番号をお互い知らせあって登録しておくとその人と登録できるらしいです(1件も登録してないのでやったことない)。
「せかいのだれでも」には面白い機能があって、プレイヤーの所在地がアメリカかヨーロッパか日本かが分かるようになっています。

今日一日、子供を差し置いて夢中になってやってたのですが、たまーに明らかに幼い子供と分かるプレーヤと対戦することがあって「バナナ」や「赤ガメ」などのアイテムをぶつけてしまった時は胸が痛みます。アダルト専用ルームも欲しいところ。また、チャット機能も欲しいですね(その点XBOXのボイスなんちゃらはいいですね)。

ネット対戦で問題になるラグは全く感じられず快適に対戦できました。これで「スマブラ」がでたら小学生は恐らく(いや確実に)祭りのヨカーンですね。

marika-taisen


posted by Norini at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ゲーム:Nintendo Games | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。