2006年05月31日

TH2G インストール

入手したとたん仕事が忙しくなり、更新遅れてます。

んで、今回はインストールの説明。
今回入手したパッケージにはマニュアルというものが入っておらずCD-ROMのエンベロープに紙切れ一枚が入っていただけ(自分のだけか?)。
しかもそのCD-ROMも非常にわかりにくいところに入っており最初は欠品かとおもいました。インフォマジック版は大丈夫かと思いますが、これから買う人は覚えておいたほうがいいかと(マニュアルはCD-ROMにpdfファイルとして入ってました)。

で、早速インストールなのですが、ここで気をつけるのはTH2Gを接続する前に解像度を800x600@60Hzにしておくこと。しかる後にPCの電源を落としてTH2Gを接続します。
TH2Gは意外に小さい筐体ですが、出来の悪いPC切り替え器のようにケーブルを接続するコネクタが側面2面(INPUT&RIGHT/CENTER&LEFTとに分かれてる)にあるため太いディスプレイケーブルだと取り回しが思ったように行かず意外に場所をとります。
コネクタは1面か、2面であればせめて入力側と出力側で分けて欲しかったところ。
また、入力のケーブル、つまりビデオカードからTH2Gまでは専用ケーブルを使わないとTH2Gを認識しないかもしれません(試してませんが)。
このケーブルもちょっと短くて取り回しに苦労しました。
また残りの側面はパンチングメタルの如く、穴だらけ。もしかして熱が心配なの?当地最高気温20℃(byめざましテレビ)では筐体が熱くなることはありませんでした。

接続がOKならば、PCを起動してMatrox Software(Driver&PowerDESK)のインストールです。

th2g_inst_menu

インストールにはMSXML4.0つうのが必要なのですが、入っていなくても自動でインストールされるので問題ありません(自分がそうでした)。


th2g_msxml

th2g_driver_install

DriverとPowerDESK、ついでにSGU(SurroundGamingUtility)をインストールします。日本語WinXP(SP2)でしたがなんら問題はありませんでした。

th2g_sgu

で再起動がかかりWindowsが立ち上がると最初に解像度設定のウィンドウが出ます。ここで任意の解像度を設定して終了です。

ここまでは、なんら問題なく終了。一番苦労したのは設置とケーブル取り回し(w


posted by Norini at 08:38| Comment(2) | ■コクピット:My Cockpit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ、実際に購入したときの予習にさせていただきます。
何もなくても動くと思ったのですが、結構面倒ですね。

> TH2Gは意外に小さい筐体ですが、出来の悪いPC切り替え器のようにケーブルを接続するコネクタが側面2面(INPUT&RIGHT/CENTER&LEFTとに分かれてる)にあるため太いディスプレイケーブルだと取り回しが思ったように行かず意外に場所をとります。

これは、本体を「Dual2Go」と共通にしたためでしょうかね?

PCの使っていないスロットに内蔵できるバージョンがでればスマートになりそうですね。
ブラケットのみ使用。
(ノートPCでの使用は無理ですが...。)

入手前に性能のよいビデオカード入手しなければ!
そうだ、動作確認でパフェ使えば、最大9画面??
3つも買うんかい!!!!
Posted by かずくん at 2006年05月31日 10:41
>かずくんさん
スロット内臓いいアイデアですね。電源もそこから取れるし…。
9画面でぜひ株トレーダーに(w
Posted by Norini at 2006年06月01日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。