2007年09月27日

スプロケ交換1

かなり前に行った作業ですが、今ごろ書いてみます。

todays_parts

今回揃えたパーツはこれ。
SUNSTAR ドライブスプロケット15T、同じくSUNSTARドリブンスプロケット49T、ハブダンパ5個です。この他にドライブスプロケットナットの緩み止め用のロックワッシャもあります。
ドライブスプロケットは純正と同じく鉄。ドリブン側は超ジュラルミン。AFAMと迷いましたが国産ということでSUNSTARにしました。

今回の作業の問題点は、ドライブスプロケのナットを緩ますことが出来るかどうか。これが出来なければ今回の作業は中止です。

ソケットのサイズで言えば32のナット、サービスマニュアルに拠るとおよそ110N・mのトルクで締め付ける指示です。
110N・mといえば1mの棒の先に11kgfの力をかけるぐらいのトルク。こう書くとあまりきつくないような感じですが、固着している可能性大なのでもっと力が必要です。さらにここは固定できない(回そうとするとリアタイヤが廻りチカラが逃げる)ので緩めるのはかなり困難。
インパクトレンチがあれば簡単なんですけどねぇ〜。

とりあえず556を吹いて1時間ほど放置した後、500mm程度のブレーカーバーに32のコマをつけてナットへかけておく。で、バイクに跨り1速へ入れてリアブレーキを思いっきり踏んで左足でナットが緩む方向へブレーカーバーを左足で踏みつける。
それほど力を入れる間もなくヌルっという感触。工具が外れてないので舐めたのではなく一安心。
バイクから降りてナットを確認すると…
みごとナットが緩んでました ゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

drive_sproke_remove

今回の作業はかなり乱暴です。1速へ入れて回すのはエンジンにあまりよくないと思います。それとチェーンにも相当な負荷がかかるので自分はこの作業のとき旧いチェーンに巻き換えました。

ここさえクリアすれば後は困難な作業は無いはず。

さっさとドライブスプロケを外し、新品と比べてみる。

drive_sproke_compere

SUNSTARの方が歯の厚みが薄いです。それとSUNSTARの方には消音用のゴムが付いてません。しかもどちらの面を表側にすればよいか不明です(今回は刻印のある方を表にしてみました)。今思えばハイトゲージで端面からの歯の高さを測っておけばよかった。
いままでのヤツも特に歯が減ったように見えず交換不要のように思いましたが、チェーンも新品だし、一つだけ古いっていうのも気持悪いので交換しました。
スズキ純正品のほうが丈夫そうだし消音用ゴムが付いてるので次交換するときは純正品にしようと思う。

長くなったので、次回に続きます。


posted by Norini at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。