2007年08月07日

チェーン交換

土曜日うちの方へ台風が来たのですが、デスペのチェーン交換をしました。
交換するきっかけは、チェーンのOリングが数個取れてしまってるのを見つけたから。
ネットで調べるとこの状態は結構危険らしいので即交換と相成りました。
とりあえず、出来るところは自分でやろうと決めていたので今回も部品を手配して自分で作業します。その前に下調べはしつこいくらいしました。

まずは、今ついているチェーンのカット。
これはチェーンのコマをつないでいるピンを抜いてチェーンをばらします。
チェーンカッターという専用の工具があれば簡単にピンが抜けるらしいのですが、持ってませんので自分は作業が楽になるようにグラインダーでピンの頭を削ってからはずすことにしました。

pin_cut_old
グラインダーでゴリゴリと…

で、ピンを押し出すのですが、簡単な治具を製作
chain_cut_jig

チェーンのピンのピッチでφ5の穴を3個開けたアルミの板(これはピンを抜くときの後ろ側の押さえになります)とそれの真ん中の穴と同じ位置にM4のステンのボルトを立てたアルミの板(このボルトが実際にピンを押します)。
その治具をヤンキーバイスに挟んで抜きます。

plate_oring_old
結構力が必要でしたが、きれいに抜けました。

チェーンは、D.I.DやRKなどが有名ですが今回はENUMAのEKチェーンを選択。
他の2社と比べて価格が安いです。安かろう悪かろうと思われますが、MotoGPのカワサキ車に使われてますので物は大丈夫かと。RKやD.I.Dとはブランド料(認知度)の違いではないかと思います。

new_chain

デスペに必要なのは118リンクなので2リンク分古いチェーンを切ったのと同じ方法でカットします。
チェーンはリンク数とかコマ数とかややこしいですが、ピンの数と考えればOKです。ですので今回は2つピンを飛ばしまして、チェーン本体にピンが116本、接続するジョイントに2本の計118としました。

それでチェーンの取り付け作業ですが、通常チェーンは輪になっていないため両端をジョイントで繋ぎ、プレートの圧入、ピンのカシメという作業が必要となります。
この作業には専用の工具が必要であり、工具が非常に高価です。これがネックとなり最初はショップに依頼しようと考えていました。しかしEKチェーンに工具が必要ないスクリュージョイントというものがありました。詳しくはこちらを見ていただくこととして、このチェーンの存在によりチェーン交換を自分ですることを決心しました。

で、作業ですが、プレートの圧入は説明書通りにやると圧入しすぎになり、コマの動きが硬くなってしまうと他の方のサイトで見たのでので、少ずつナットを締めてはノギスで測定を繰り返し、他のコマの幅と同じになるように行いました。

はずした部品を戻して作業完了です、作業時間は2時間弱ぐらいでしょうか。またまたチェーン交換中の写真がありません。手がチェーンの白いグリスまみれになったのでカメラを触れませんでした(ToT)

chain_comp

ムシムシした車庫で汗だくになりながら作業しましたので、家の周りをゆっくり作業確認の試走がてら涼しい風にあたりました。やっぱバイク気持ちイイ。

今回は同時にスプロケットも交換したかったのですが、納期が掛かりそうだったので夏休み明けにしようと思います。それまでは変にチェーンを伸ばしてしまわぬよう、残念ですがなるべく乗らないようにしようと思います。


posted by Norini at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

キャブOH終了

やっと終了です。パーツを全て元に戻します。
ガレージ内が汚いのは気にしないでください。

despe_finish

えっシートが付いてないって?
実は…

despe_new_seat

新しいシート買っちゃいました…テヘっ
コブラシート風で白のステッチがΣd(゚∀゚d)イカス!
シート高も4cmほど下がります。
早く乗りてぇ〜
posted by Norini at 20:41| Comment(3) | TrackBack(1) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

負圧計

vacume_guage

デスペのキャブの同調を取るためバキュームゲージを買いました。
キャブの同調とは、キャブのスロットルバタフライの開き具合を全てのキャブで合わせることです。
デスペはキャブが2個つありますが、バキュームゲージは1つしかないので弁で切り替えて負圧を見比べてそろえます。
デスペは、後ろ側のキャブはアイドリング調整スクリュー、前側はシンクロケーブルで調整しますが、後ろ側はアイドリング回転数で固定するので基本的には前側しか調整できません。他の人のサイトを見ると「同調があった瞬間回転数が上がる」とあったのですが、そんなそぶりは全くありませんでした。ゲージのメモリを信じることにします。後はタンクを戻して終了です。
posted by Norini at 20:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

2度目のキャブ切開

またまたキャブ開けました。

despe_cab_diaf
ボコつきの原因は多分コレだと思います。確信はありませんがここを組み直したらボコつきの現象はなくなりました。
デスペのキャブは負圧式です。大気圧部分と負圧部分を仕切っているこの薄いゴム膜(ダイアフラム)がうまく組みつけられていませんでした。だもんで大気圧と負圧部分がうまく出来ていなかったからかと思います。
違うかもしれませんが、とりあえず直ったので結果オーライです。
後は、もう一度タンクを下ろして前後キャブの同期を取って完了です。

で、もともとのオーバーフローの原因はこれかと。
despe_cab_valve

写真では良く判らないと思いますが、ニードルバルブ(鉛筆の先のようなところ)にうっすらスジが確認できました。ホントにうっすらなのでコレがホントに原因かどうかわかりませんが、交換したら直ったので…。この程度のキズで止まらなくなるほどキャブってデリケートなんですね。
posted by Norini at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

もう一回

キャブのオーバーフローも直り(原因は後で書きます)、試走してみたのですがどうも調子が悪いです。
加速してるときはなんともないのですが、スロットル一定の時と戻した時、どうもエンジンがボコ付きます。アイドリングスクリューをいじってみたりしたのですがどうもダメ。5kmぐらい走って車庫へピットインです。

タンクを下ろしプラグを確認。後ろ側のプラグが真っ黒で若干濡れ気味(前側のプラグはいい感じの茶色)でした。

もう一度バラして見ます。結構ショックだったので写真全然撮ってません。

posted by Norini at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

キャブ組み直し

サービスマニュアル見ながら、なんとか元に戻しました。

despe_cab_install

タンクはまだ装着できないので、ガソリンの供給はダ○ソーでかった調味料入れです。ちょっとヤバめですが短時間ならOKと判断(良い子は真似しないでください)。タンクから調味料入れにガソリンを移しフューエルラインへ直結。

despe_cab_fuel

チョークをいっぱいに引いておいて何度かセルを回すとエンジン始動!おっしゃー!
あとはシート戻して試走してきます。
posted by Norini at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | ■My マシーン:デスペX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。